漂々日記

Wandering Diary 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

渡辺うどん、不動湯 

 


久しぶりにツーリングに出かける。目的地は山中湖周辺。

9:00出発。まずは自宅から宮ヶ瀬方面へ。虹の大橋、鳥屋を過ぎて青野原で道志みちに出る。今日は行きも帰りも遅いクルマにやたらと前を塞がれた。一瞬イラッとするがそういう日なのだろうと思い直す。飛ばすと事故るぞという暗示なのかもしれない。また、久しぶりだからかエンジンの吹けもイマイチで、7000回転以上でグズる。
帰ったらキャブクリーナーでも吹いてみようと思う。

途中、土砂崩れの現場を通り、「道の駅どうし」で休憩。

再び道志みち。山伏トンネルを越え山中湖につきあたり、右折。
湖を左にその向こうに富士山を見ながら走る。今日は若干ガスがかかっていた。

山中湖を過ぎ、右折して忍野八海方面へ。タマビのセミナーハウスの前を通り昔を思い出す。山中ゼミで版画科のみんなと飲んだくれたのはもう10年前。時間が経つのは早いもの...

忍野村に入り本日第一の目的地、「渡辺うどん」を目指す。
ここは忍野村にある知る人ぞ知る富士吉田うどんの名店らしいので是非一度訪れてみたかった所。場所が分かりにくいという情報は得ていたがここまで迷うとは。普段、ナビなどという文明の利器は使っていないのだが感覚が鈍っている。アナログ人間たるもの最後は匂いで方角が分からなければ。散々迷った挙句、来た道を戻ろうとしていると店らしき建物、「渡辺うどん」の看板。

店構えは民家そのもの。靴を脱ぎ、店に入り「肉玉うどん」を注文する。

半熟卵と、桜肉、そして茹でたキャベツのトッピング。この茹でたキャベツは富士吉田うどんの特徴らしい。麺はとても太く固くそして重い。箸で持ち上げても垂れ下がらず平行に張っていようとするコシの強さ。
こんなうどんはじめて食べた。
ダシはもっとどっしりしているものと思いきやあっさり上品。
美味い!
店のおばちゃんも気さくで(重要!)心の中で再訪を誓う。

「渡辺うどん」からは富士吉田方面へバイクを走らせる。

本日第二の目的地、不動湯へ向かう。
ここは皮膚病にとても効能のある山の中の秘湯。
背中の湿疹が一向に直らないのでここも是非一度訪れてみたかった所。温泉でも鉱泉でもなく、霊泉?冷泉?らしいのだが湯治ができる施設が整っている。受付で入浴料¥800を払い、昼過ぎの貸しきり状態の湯船にひとりで浸かる。
無味無臭なのだが、出てからもずっとポカポカしていたのでタダの水ではないことは想像できる。こういう所は一度ではなく繰り返し入ることが大切なのだろう。ここもまた訪れようと思う。

不動湯を14:00に出発。何処にも寄らず土産も買わず15:40帰宅。

本日の走行距離 165.7km

category: 二輪

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://ka131r.blog77.fc2.com/tb.php/38-576441d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。