漂々日記

Wandering Diary 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

不条理 

 

時に求められて、自分の作品を説明することは、たとえば銀座四丁目の交差点で裸踊りを
することより恥ずかしい(そのようなことをしたら捕まるに違いないが)。
学生の時分より説明責任を果たせと言われることがあるが、いまだ違和感が拭えない。
制作中に言葉は追いつかない。ゆえに題名を含め、ほぼ後付けである。
過日、自分の作品に「不条理」という言葉をあて、それが間違いだったとは思っていないが
後悔している。
草間彌生が、「作品のことは私の手に聞いて欲しい」と言っていた。
同感とはいささかおこがましいか。いつかそう言えるようになりたい。

category: 美術

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

料理人が、なんだか知らないけどこんなのできた、せっかく作ったんだから文句言わず食え、なんの料理かは料理に聞いてくれなどと言って、それが本当に感動的に美味しかったなんていうのは、草間彌生ならできるかも知れませんが実際にはなかなか難しいんでしょうね〜^^

名無し #- | URL | 2013/03/06 09:31 | edit

Re: タイトルなし

料理にたとえれば確かにそうですね。
制作中、おそらく頭の中では自分語が右往左往しているのだと思いますが
それを後になって共通言語に置き換えようとするとズレが生じまして...
もっと真摯に言葉を探さなければいけないのかも知れません。

竜 #- | URL | 2013/03/07 23:48 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。