漂々日記

Wandering Diary 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

2011初秋 四国 九州 2 

 

 10月2日(日) 徳島~高松

 徳島港-K120-K136-R438-いのたに-R192-K139-R193-K13-R32-K17-K183
-橘ノ丘総合運動公園-K183-R11-K266-K160-K155-高松国際ホテル

 走行距離 104km

ハンチング帽のおじさんは、お遍路だと言う。過去に八十八ヶ所すべて回っていて、フェリーは初めてで、愛車はBMWの小さいので、燃費はリッター6キロで、だからフェリーの方が安くて楽なので次回からも利用したいそうで、その他諸々云々・・・。お遍路は人生観が変わるよと薦められる。でも観光気分で行くならやめた方が良いと言われ、妙に納得。今回、寺巡りをするのはやめようと決めた。

010_convert_20111027000040.jpg

13:20、四国初上陸。思いのほか感動がうすいが先は長い。先ずは徳島ラーメンのいのたにへ、遅い昼食。おばさんがカウンターの中に何人かいて切り盛りしていた。中華そばの大盛と生玉子の食券を買い着席。しばらくしてラーメンが運ばれてきて、後から続いてレンゲがやってきてお冷の上に置かれた。何てことはないのだが初めて見る光景。ラーメンは確かにすき焼きのような味だった。甘辛いラーメンは初めてのように思う。美味。
14:10、R192を西へ。淡々と国道を走る。脇町付近からR19、川沿いの道を快走し香川県に入る。日が傾き始め橘ノ丘総合運動公園へ急ぐ。翌日からはここを拠点に讃岐うどん巡りをする心積りだった。
受付に到着すると、明日は公園が休みなのでキャンプは出来ないと言われる。四国初日から手痛い洗礼を受ける。16:30。仕方なく携帯で高松国際ホテルを見つけて予約。高松市内に向かう。途中のガストで夕食にする。芸人の友近が真似ているような女性店員で友近のモノマネはリアルだなあと思う。四国にはこういう人がたくさんいるのだろうかと期待が膨らむ。
高松国際ホテルは離れの部屋だった。本来は結婚式の出席者用施設と思われ、素泊まりで¥2,900とは信じ難いほど
至極快適。結果として良かった。備え付けのスタッフの方推薦のうどん屋情報も大いに参考にさせてもらった。

 10月3日(月) 高松~東みよし

 高松国際ホテル-K155-K36-R11-わら家-R11-K266-R32-K282-金刀比羅宮-K282
-K199-R438-某うどん店-R458-K12-美濃田の淵キャンプ場

 走行距離 128km

讃岐うどん巡り。8:00、高松国際ホテル出発。通勤の車に囲まれつつ屋島方面へ。先ずは昨日メールをもらった元地元民nishi氏推薦のわら家へ向かうが、当然まだ開店していない。店の前まで行き、場所だけ確認し、庵治へ向かう。海の向こうに小豆島を見ながらゆっくりと交通量極少の道を流す。ここはセカチュー(映画)のロケ地。

014_convert_20111027000142.jpg016_convert_20111027000223.jpg019_convert_20111027000246.jpg021_convert_20111027000452.jpg025_convert_20111027000512.jpg

屋島に戻り、周辺を少し散策の後、わら家へ。釜揚げうどんを注文する。大きな徳利に入って運ばれてきた熱い出汁の注ぎ方を教えてもらいつつ、ネギと生姜をたくさん入れていただいた。期待を裏切らず美味。店を出ると早速生姜の効果か、暑い。
二件目。高松市内を抜けて南西の方向に。その前に、ここまで来て行かないのも何だと思い、金刀比羅宮へ向かうことにした。R32を走っていると黄色と白に塗られた琴電が見える。元京急の700形が余生を送っていて、浅鉄の心をくすぐる。
金刀比羅宮周辺に着き、バイクをとめる所を探すが見当たらない。諦めて土産物屋の駐車場にとめる。少しでも店を利用してくれれば駐輪代は不要と言う。荷物も預かってもらい、杖を借り、本宮までの長い石段を上ると、しっかり安全祈願。金刀比羅宮は今は神社だが、神仏習合の歴史を色濃く感じた。

027_convert_20111027000534.jpg032_convert_20111027000620.jpg031_convert_20111027000551.jpg

讃岐うどん巡り再開。ナビの指示に従うと幹線道路を離れ細い道に入り、のどかな風景が広がる。しかし、寄る予定はなかったのだがうどん屋が並ぶ「満濃トライアングル」を避けてしまったことに後で気付く。
二件目に行った店はナビがなければ到達不可能だったかもしれない。初心者には敷居が高かった。雰囲気は申し分ない。看板もメニューもなく、ついでに愛想もない。
生醤油と生玉子でスルリといただく。しかしコシがないように思え、若干期待外れだった。したがって屋号は伏せたい。ここでうどん巡りを止めてしまった。結局二件しか行かなかった。
美濃田の淵キャンプ場着、16:00。狭い川沿いの砂地のサイトに戸惑う。地面に物を置くと湿気を含んだ砂がまとわりつく。しかし、名勝地なのでロケーションは良い。無料であることも有難い。今日は一人かと思っていると、徒歩?のお兄さんが後からやってきた。

037_convert_20111027000806.jpg



 10月4日(火) 東みよし~高知

 美濃田の淵キャンプ場-K266-R192-R32-K45-かずら橋-K32-R439
-楮佐古小桧曽(かじさこおびそ)林道-R195-R193-R55-K203-R55-R32-ホテル土佐路・たかす

 走行距離 339km

039_convert_20111027000859.jpg

撤収に手間取る。7:45、美濃田の淵キャンプ場出発。通勤時間と重なり、池田周辺で渋滞にはまる。池田を過ぎるとR32。山深く、そして寒くなりダウンをライダージャケットの下に着込む。
大歩危駅、大歩危タクシー、歩危マート・・・と、ボケまくりの地を行く。

041_convert_20111027000923.jpg043_convert_20111027000952.jpg044_convert_20111027001028.jpg

かずら橋へ。観光地なので写真を撮って早々に退散。新居屋橋でR439に出て、東へ向かうつもりだったが通行止め。京柱峠方面へ。噂には聞いていたが、ヨサクは想像以上の酷道だった。狭く舗装の荒れていて、大型のオンロードバイクでは手こずるかも知れない。京柱峠からの眺めは素晴らしかった。

047_convert_20111027001118.jpg049_convert_20111027001142.jpg050_convert_20111027001246.jpg

西峰という集落から楮佐古小桧曽林道へ入る。途中で後ろからやって来たWRのお兄さんに道を譲りゆっくりと峠に向かう。峠付近は先日の台風の影響か、半分崩れているような川の跡のような、ものすごい荒れ様。過積載、オン寄りタイヤ、未熟なスキルの三重苦が圧し掛かる。転回出来そうになく、引き返すに引き返せない状況に陥る。ここで崖の下に転落して死ぬわけにはいかない。九州にも行かなくてはいけない。セローに「頼む!」と声をかけ、ギアをローに入れ、足を着きながら気合いで登る。不安が拭えない中、エンストもせずにトコトコ登って行くセローに「二輪二足」の走破性の高さを実感し、信頼が深まる。
峠に着くと先を行っていたWRのお兄さんを再び見かける。軽く会釈しかしなかったが、心なしか目が点になっていたような。
051_convert_20111027001315.jpg053_convert_20111027001336.jpg

R195に下りトイレ休憩の後、剣山スーパー林道へ向かう。DさんのW800で走ったら気持良いと思われる快走路が続く。
剣山スーパー林道は、事前に何となくは情報を得ていたが、やはり通行止め。
再びR195を東に走り、R193に折れて海南へ向かう。ここもまた酷道。しかし、四国の原風景が広がっているようなところだった。海南に至り、コンビニで遅い遅い昼食、16:00。室戸岬辺りでキャンプを考えたが、翌日の天気があやしいので宿に泊まることに決めた。それならばもうひとっ走り、室戸岬を通過して、高知に至るというハードなルーティングをした。
19:00、ホテル土佐路・たかす着。

055_convert_20111027001400.jpg057_convert_20111027001431.jpg


 10月5日(水) 高知~高知

 ホテル土佐路・たかす-市内観光-ホテル土佐路・たかす

 走行距離 0km

060_convert_20111027001503.jpg061_convert_20111027001526.jpg

朝、テレビの天気予報を見て延泊することを決める。バイクでは出掛けず、高知の市内観光をする。
宿から最寄りの介良通電停に行き、土佐電に乗り、はりまや橋へ。そこからバスで桂浜へ向かう。
桂浜は水族館や闘犬などがあり、正直なところ興醒めした。
周遊バスで高知駅に向かう。途中から雨が降り出す。駅に着き適当な食事処を探すが見つからず、はりまや橋周辺に戻りランチをやっている飲み屋?に入った。不思議なほど飲食店が少なかったように感じる。
途中で買った電車と周遊バスの一日乗車券をどこかで紛失し、それなりに元は取れたと思うのだが落ち込む。
早々に路面電車で宿に戻り、ゆるりと過ごす。

(つづく)

category: 二輪

tb: --   cm: 4

△top

コメント

 

コトデン屋島駅

おおー あの駅はまだこんなんなんだね。
わらや美味かった?俺も食べたいなぁ。
家族6人で、たらいに入ってるうどんをよく食べてた。
親父に生姜を入れられて嫌だった覚えが・・・
今から思えば生姜なしには・・・

それにしても大旅行だね。気力も体力もないと。すごいね。

nishi #- | URL | 2011/10/29 20:43 | edit

Re: コトデン屋島駅

屋島駅はレトロな感じで何だか良い雰囲気でしたよ。
nishiさんが通っていた幼稚園や小学校も確認したよ。
不審者と思われたら大変なので写真は撮らなかったけれど...
しかし、良いところに住んでたんだね。
わら家、情報ありがとう。
シンプルな釜あげに生姜を効かせて美味かった!

竜 #- | URL | 2011/10/29 23:14 | edit

NoTitle

屋島小学校と、のぞみ幼稚園見たの!?
そこが俺の原点です。
釣りざお持って通学していたころですな。

帰りに給食室よると、うどん4/1玉もらえてさ
帰りに川で魚を・・・たまにライギョ・・・そんな子供時代。

俺も行きてぇ!

nishi #- | URL | 2011/11/01 08:21 | edit

Re: NoTitle

nishiさん
屋島小学校と、のぞみ幼稚園、確認しましたよ!
わら家の開店まで少し時間があったからあの辺をフラフラ
してたんだ。
ケーブルカーは何年か前に廃止になったみたいで遺構だけが
残っていて寂しげでした。
でも穏やかで良い所だった。
今回はちょっと先を急ぎ過ぎてしまったので、うどんはまた行きたいです。




竜 #- | URL | 2011/11/01 15:02 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。