漂々日記

Wandering Diary 

2010夏 北海道 8 

 

 8月29日(日) 比布~浜頓別

 比布ブンブンハウス(RH)-R40-比布北IC-旭川紋別自動車道-比布JCT-道央自動車道-士別剣淵IC-R40-D939-R40
-(名寄バイパス)-R40-道の駅びふか-R40-?-R275-朱鞠内PA-R275-R40-美深歌登大規模林道-函岳レーダー道路
-美深歌登大規模林道-R40-道の駅おといねっぷ-R275-クッチャロ湖畔キャンプ場

 走行距離 352km


朝、昨夜一緒に過ごした人達は、ひとり、またひとりと出発して行った。比布は富良野や層雲峡方面へ向かうにも便利な所で
あるようで、皆さん向かう方向がそれぞれだったのは興味深かった。比布ブンブンハウスは、また機会があれば是非利用させて
もらいたい、快適なライダーハウスであった。
6:50、自分も出発。テントの撤収がない分、やはり早い。R40で北上開始。比布北ICから旭川紋別自動車道、比布JCTから道央
自動車道で士別方面へ。交通量は極少。終点の士別剣淵ICで降り、再びR40。
風連のホクレンで給油をして、近くのセイコーマートに寄る。すると、比布ブンブンハウスで一緒だった横浜ナンバーのハーレー
883の方に再会し、駐車場にてしばらく談笑。
娘さんが枝幸に嫁いでいて、これからお孫さんに会いに行かれると言う。デニムシャツに革パンという出で立ちでハーレーのパパサン
に乗るおじいちゃん…カッコイイ。泥臭いばかりの自分としては少しは見習わねば。
名寄まで行くと、こちらの方がガソリンの値段がだいぶ安かった。街中を過ぎ、トムテ文化の森へ。キャンプ場の下見が目的
だったが、何やらお祭りらしき催しをやっていて人がたくさん集まっていた。昨日来てもキャンプは出来なかったかもしれない。
D939でピアシリ越林道に向かう途中に一面のひまわり畑。

053_convert_20100926213337.jpg
D939

ピアシリ越林道の入口までやってきて立ち止まり、悩む。そしてやっぱり引き返すことにした。理由は、今後の行程の都合が
2割、人気がないオフシーズンのスキー場に立てられた「熊出没注意!」の看板が妙に生々しく、恐れを成したのが8割。小心者...
美深バイパスに乗ると、ヘルメットのシールドにポツリポツリと雨が当たり始める。美深の目抜き通りを過ぎ、道の駅びふかへ。
しかし、適当な休憩場所が見つけられなかったので、裏手にある森林公園びふかアイランドへ行く。最初は管理棟に隣接した
バス停のベンチに座っていたが、トイレに行ったときに適当な東屋を見つけ、そこに移動。
降ったり止んだりのはっきりしない天気。函岳に行っても視界は望めないだろう。さて、どうするか。
考えた挙句、行ったことのない朱鞠内湖へ向かってみることにした。そして昼ごろまでに美深に戻り、再び様子を見ることにした。
R40に出て、西里という所を右折。途中からダート。それが何だか嬉しかった。ほんの少しだけ近道をして、R275へ。大排気量の
オンロード車で走ると面白いのではないかと思われる、ワインディングロード。美深峠にさしかかると、再び雨が降りだす。
母子里の消防施設?の軒先で雨宿り。空模様も大いに関係していると思うが、この辺りは人の気配が感じられずあまりにも寂しい。
しならくすると雨が上がり朱鞠内PAへ行った。

057_convert_20100926213432.jpg
朱鞠内湖

美深まで、来た道を戻る。この後、雨が降ることはなく、結局カッパは1度も着なかった。
ダメ元で函岳へ向かう。加須美峠に近づくと、だんだん霧が濃くなり視界は5mといったところ。函岳レーダー道路は、晴れて
いれば絶景が望むことが出来、それはまるであの世の風景ではないかと勝手に思っているのだが、濃霧の中を徐行するのも
ある意味、あの世を彷徨っているようにも思えた。

20100829130633.jpg
函岳

美深でキャンプをして、もう1度チャンスを伺うのも悪くないかと思ったが、まだ時間に余裕があったので、さらに北に向かう
ことにした。
音威子府で給油の後、道の駅おといねっぷで少し休憩。
R275へ。後になって気が付いたが、美深から音威子府はR40とR275の重複区間だった。ピンネシリ、中頓別と抜ける。この
辺りはかつて天北線が通っていて、名残りらしきものがちらほら見える。しかし、鉄道が廃止になってしばらく経ったのが
理由なのかひどい寂れ様である。
浜頓別まで至り、セイコーマートで夕食の買い出し。VTスパーダ乗りの方と一緒になり、バイクを前に立ち話。聞かなかったが
学生さんだろうか。昨夜は、稚内のライダーハウスみどり湯で大いに盛り上がったとのこと。盛り上がりすぎて今日はダラダラ
過ごして今の時間になってしまったらしい。これからクッチャロ湖でキャンプかと思いきや、バイクのタイヤ交換を予約している
とかで、旭川(だったかな?)まで行くと言う。明日は、自分もみどり湯へ行こうと決めた。
クッチャロ湖畔キャンプ場へ。ここのサイトは広々としていて気持ちが良い。水辺なので蚊が多いが、蚊取り線香で対応できた。
しかし、二か所トイレがあるうちの汲み取り式の方は、蚊が大発生していてゆっくり用を足せる状況になかった。
(自分のテントから離れた位置にある立派な水洗の方は大丈夫だった。)
となりのテントの方に、今朝まで居た人に大量にもらって食べきれないからと、ジンギスカン用の味付けマトンを頂いた。
ご好意に感謝し、今日はラーメンにしようと思っていたのだが、予定を変更して飯を炊き、この旅3度目のジンギスカン。
今回は肉系が多いような。都合の良いことにラーメン用に買ったもやしもあった。別海でのNさんに習い、フライパンではなく
鍋でつくってみた。これだと蓋をすれば油が飛ばないし、蒸し焼きも容易なので非常に良い。
ジンギスカンは、ニンニクが効いていてとても美味かった。ご馳走様でした。

061_convert_20100926213525.jpg
この旅3度目のジンギスカン

(つづく)

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top