漂々日記

Wandering Diary 

2010夏 北海道 6 

 

 8月27日(金) 別海~別海

 別海町ふれあいキャンプ場-R243-D364-R244-D475-R244-根北峠-D827-D1115-D857-江鳶奥林道-D1115
-神の子池-D1115-D150-裏摩周展望台-D150-D505-D13-D311-R243-別海町ふれあいキャンプ場

 走行距離 245km


朝食を終え、今日は連泊にしようかと気持ちが傾いていたところにNさんからメール。
女満別にて二日酔いとのこと。その後電話をいただき、別海に来られることになり、連泊が決まる。
そうとなれば、夜を楽しみにしてテントはそのままに、昨日からツーリングマップルを見て気になっていた所に行くことにした。
別海のホクレンで給油。オリジナルのフラッグを4色もらう。
同じキャンプ場にテントを張っている、岩国からジャイアンツカラーのシェルパで来ている人と一緒になる。せっかくオフ車で
来ているので、今日は虹別林道に行くという。
D364でオホーツク海側に向かう。本別海に出てR244、すぐに左折、D475で走古丹方面へ。風蓮湖とオホーツク海に囲まれた
半島を行く。ここも野付半島と同じく砂嘴なのだろうか。先まで行くと番屋があって、その先はダート。

001_convert_20100926212230.jpg
走古丹

行き止まりの場所はテトラポットがたくさん積んであって最果て感はなかったが,静かな場所だった。
来た道を戻り、R244を北上。国後島が見える。
腹が減り、11時ちょっと前だったが標津のセイコーマートでいささか早めの昼食(?)。パンとおにぎり、前々から気になって
いた100円のカルボナーラを駐車場の隅で食べる。美味い。そして、素晴らしいコストパフォーマンス。このセイコーマートの
100円麺シリーズは確か焼きそばや焼うどんも含めると6種類くらいあったはず。
北海道に来るとコンビニは、ほぼセイコーマートにしか行かなくなる。
標津川を渡る手前、市街地の境の対向車線でネズミ取りをしていた。すれ違うライダーに必死に手振りで訴えてみたが、果たして
伝わっただろうか。
伊茶仁を左折。根北峠方面へ。長い直線の後は森の中を行き、峠にさしかかる。峠を過ぎ越川橋梁へ。ここは未成線の遺構。
以前、日暮れ前に通ったことがあって一種の不気味さを感じたが、今回は日中に立ち止まってみたものの、やはり何となく不気味。
大いなる誤解であると思いたいのだが、最近妙に敏感になっていて、写真を撮る勇気が出ず。
網走方面へ少し走り、D827、D1115で清里方面へ。
清里町駅に寄り、ピカピカのトイレを借りる。誰もいない待合室でしばし休憩。時刻表を見ると1日数本の列車。何ともさびしい。
D857へ。ここは海まで続いているように見える直線道。

037_convert_20100926213136.jpg
D857

この先に設けられたゲートを開け、江鳶奥林道へ。このゲートは、一見通行止めに見えるが、害獣防止用であって通行は自由
との注意書きがあった。
最初は鬱蒼とした森の中を行くが、だんだんと開けてくる。途中展望台があったが、草に覆われており朽ち果てそうだった
ので登らなかった。展望台から先は下り。
斜里川林道との合流地点から先は交通量があるのか、路面が踏み固められていて高速ダートだった。
再びD1115に出て、今度は神の子池に向かう。

040_convert_20100926213200.jpg
神の子池

043_convert_20100926213226.jpg
裏摩周展望台

その後、裏摩周展望台へ。この辺りは観光地で団体客がひっきりなしに押し寄せて来る。摩周湖は今まで何度か訪れたが
毎度湖面が見れているような…
D150で清里峠を越え、D505、D13、D311、R243と繋ぎ、別海町ふれあいキャンプ場へ戻る。
駐車場には見かけたことのある黒のXR。Nさんは管理棟で受付をされていた。
Nさんがテントを張り終えると、宴の前に、昨日に引き続きモール泉の効楽苑へ行った。湯の張り終えていない露天風呂で
半身浴、湯の中談義。
テントサイトに戻ると、芝生の上ではなく、駐車場のアスファルトの上で宴会開始。ここが思いのほか快適だった。
自宅から遥か遠い道東にて「上野みたい」と言いながらジンギスカンを囲む。地べたに座って飲み食いしていると
日頃の垢、見栄や虚飾が削ぎ落ちていく。
途中から岩国のシェルパの方も加わり、別海の夜は更けていった。

044_convert_20100926213250.jpg
上野? 否、別海。

(つづく)

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top