漂々日記

Wandering Diary 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

2010夏 北海道 1 

 

 期間:2010年8月21日(土)-9月3日(金)
 使用バイク:ヤマハセロー250

 8月21(土)-22(日)  自宅~新潟

 自宅-R129-R16-(八王子バイパス)-R16-T169-R411-あきる野IC-圏央道-鶴ヶ島JCT-関越自動車道
-長岡JCT-北陸自動車道-新潟西IC-R116-?-R113-新潟西港

 走行距離 347km


不安とは時に喜びとなるのだと思う。夏の渡道連続5回目で慣れてしまったのか、妙な慣れも危険な気がするが気持ちの
高揚がない。パッキングも一度は出来て、Nさんと事前に宮ヶ瀬に試走に行ったりもしたのだが、忘れ物や追加するもの
などもあり再度バラしてやり直したりして、いつものことだが出発直前までグズグズやっていた。
23:45、自宅出発。まずやって来たのは新たに購入したラフ&ロードのライディングパンツの激しい違和感。
膝プロテクターがどうにも気持ち悪い。さらに丈が短いのか、裾がめくれ上がって気になって仕方がない。
こいつはハズレだったか...
R16までは珍走車に囲まれそうになったり、やたら、セドリックかグロリアかハイソカー(死語)に無粋なカスタマイズを
施した車両を見かけたり、この夜の地元は何ともガラが悪い。
八王子バイパスが無料になったのでありがたく活用させてもらう。さらに八王子ICー中央道-八王子JCT-圏央道という
ルートを辿ろうと思ったのだが、地図を見ると遠回りなので、あきる野ICまで下で行き、そこから圏央道に乗る。
正直に告白すると夜中に八王子JCTの先の八王子城の下(トンネル)を通るのが何となく怖かったというのもある。
赤城高原SAで醤油ラーメンの夜食。閑散とした広い店内に客は自分だけ。志果たせぬ30半ばの男がひとり、夜中に
ラーメンをすする音がものがなしく響いていた(と思われる)。
給油。GSのおじさんに、「北海道?」と聞かれる。渡道する人は荷物に特徴があるからすぐに分かるとのこと。
関越トンネルを抜けると今度は睡魔。長い下りの後は淡々と続く直線。ガムを噛んだり、おでこに冷却シート貼って
みたりしたが、効果薄。この後、SA、PAほぼ各駅停車の旅となる。

005_convert_20100926212324.jpg
関越道 越後川口SA

006_convert_20100926212352.jpg
関越道 越後川口SA

すっかり日が昇ってから、新潟西ICで降り、ホテルディアモント新潟西へ。フェリーの風呂が混雑していることを予想して
早朝から営業しているここの大浴場へ行ってみた。温泉ではないが至極快適。風呂を出てからソファに腰掛けウトウト
してしまい出発予定の時間を少し過ぎてしまった。
すぐとなりのセブンイレブンで船内用の食料を調達。さらに去年の教訓から、乗船前にガソリンを満タンにする。
新潟市内で道に迷いつつ、新潟西港へ。
乗船手続きを済ませ、あまり時間もないので早々にエアコンが効いている待合室からバイクの元へ。暑い...
バイクは全部で30台位か。大型が多いように見受けられたが、セロー250も自分を入れて3台。
乗船時、車両甲板で荷物を降ろしたりして、せっかく風呂に入ったにも関わらず、汗でベトベトになる。
結局、最後までライディングパンツの違和感を解決できず。今後の課題とする。
二等寝台に潜り込むと、荷物の整理もそこそこに、着替えてただひたすら寝た。途中で風呂に入り、また寝た。
夜、船内のロビーに出てみると、ガキが勢いよく走りまわって騒いでいる。見ればヤンキー上がりのような母親が
横で男友達?と、くっちゃべっていた。今日はヤンキー文化に触れる機会の多い1日であった。

(つづく)

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。