漂々日記

Wandering Diary 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

道志から富士山周辺を巡る 

 

5月18日(火)


より大きな地図で 2010.5.18 を表示

自宅-K60-K64-R413-道の駅どうし-R413-K729-K717-渡辺うどん-K717ーR138-K701-滝沢林道-侭下林道-滝沢林道-K701-富士パインズパーク-K701-R138-K729-R413-道の駅どうし-R413-K64-鳥居原ふれあいの館-K64-K60-自宅

走行距離 189.6km

Nさんとの待ち合わせ場所は道の駅どうし。到着したのは11:45。時間は決めていなかったのだが、ずいぶんとお待たせしてしまった。
自称「妖怪」、首に埋め込まれたチップの件で人の町医者にすがっていたのだった。
山伏峠を越え、山中湖畔で小休止。

005_convert_20100521220756.jpg

腹ごしらえに渡辺うどんへ。山中湖畔からは右折、右折、右折の左折、左折で到着。表通りに看板は出ていないのは常連客の要望だそうで
ある。店の庭先には朽ちゆく懐かしのマツダポーターキャブ。軽トラマニアとしては気になる存在。
ホットつけ(中)¥300と肉玉(小)¥450を2人前注文する。どこで覚えたのか(以前、店のオバちゃんに薦められたのだったか?)
2種類注文するこの食べ方が自分は好きだ。

009_convert_20100521220821.jpg
肉玉うどん(小)

武骨な麺に、まろやかな汁。しばらくご無沙汰だった。途中で卓上にある辛子味噌や天かすを加えるとまた美味。
そしてここのうどん、腹もちが良い。Nさんも喜んで下さったようでとても嬉しい。

その後、忍野八海の前を通り、R138へ。富士浅間神社東の信号からK701。新緑のトンネル、好天。しばらくバイクに乗れなかったせいもあり
気分爽快。これ以上何を望む。
舗装された滝沢林道へ入る。途中でダートの侭下(まました)林道へ。さらにその支線へ。

011_convert_20100521220852.jpg

ここは一人では絶対に無理だった。コワさと愉しさが妙な感じで入り混じる。セローは足がべったり着くので、かろうじて転倒せずに済んだ
感じか。軽快にXRを操るNさんの後ろ姿を写真に収めたいと思ったが、余裕が無かった。

全線舗装の滝沢林道に戻り、Nさんのご好意でお互いのマシンを交換。自分はセローからXRへ。
オーラを感じるスパルタンな見た目とは裏腹にとても乗り易かった。ダートでの限界性能は当然セローよりも高いと思われるが、全体的な挙動が穏やかで自分のようなヘタレでも受け入れてくれた。大柄で極楽なポジション。RFVC(Radial Four Valve Combustion Chamber
・放射状4バルブ方式燃焼室←備忘のCopy and Paste)エンジンは至極スムーズ。
セローで修練を重ねた後はXRにしようかなどと不謹慎なことを思う。しかし、次のXRも空冷で出して欲しいと思うのは自分だけであろうか。

滝沢林道は途中、ゲートがあって行き止まり。小休止の後、パインズパークへ。

013_convert_20100521221006.jpg

気持ち良い芝生の向こうに森と富士山。幕営したい衝動に駆られるが、公園なので無理であろう。
再訪するときは、敷き物と携帯枕を持参しようと思う。
うどんを食べて、林道を走り、パインズパークで昼寝。定番コースになりそうである。

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。