漂々日記

Wandering Diary 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ショウエイ頭 

 

最近知った言葉。
「アライ頭」と「ショウエイ頭」。
今更かな…。寒くなると何かとクルマに逃げるヘタレライダー、日々勉強です。
ちなみに、昔あまり興味が持てなかったせいか、SS系バイクの車名にも疎い。何とかRRとか、X何たらZZスーパー何とか等々。今は決して嫌いではなく、機能美を感じたりもするのだが、なかなか覚えられない。
そういえばハーレーの車名も。FX何とかのダイナ何たらとか、FLXYZのデラックスだカスタムだ何とか等々、煩雑に見えておそらく一定の法則があるように思うのだが、難しい。
年のせいか、最近は芸能人の名前も覚えられない。特にイケメンと称される俳優が全部一緒に見え、区別がつかない。こちらは幸か不幸か興味が湧かないので仕方ないが。

話が逸れた。「アライ頭」と「ショウエイ頭」である。
ライダーには二通りの頭のカタチがあるという。アライ製のヘルメットが合う人、あるいはショウエイ製のヘルメットが合う人。
「アライ頭」、「ショウエイ頭」とはそんなことを表す言葉らしい。
それに従うと、自分は今まで何となくイメージだけで「アライ頭」だと信じ、アライ製のヘルメットを愛用してきた。命に関わることでもあるし、何となく品質も良さそうだし、と。実際に今使っているのは、TXモタードというシールド付きのオフメットで品質も良く概ね満足している。その前はFZ(だったかな?)、オープンフェイス、つまりはジェッペル。
自分にとってヘルメットとは安い物ではないので、そうそう購入の機会はないのだが、いざ買う時になっておおいに悩まされることがひとつある。それは、自身の規格外の頭のデカさ。
今のTXモタードのサイズはXLで、さらにイヤーパットを薄いものに換装している(汗)。これ以上大きくはならないのだが、それでも買ってすぐの頃は締め付けられて頭痛になったりもした。頭がデカイのならば、そのぶん脳ミソの内容量も多ければ納得もいくというものだが、決してそのようなことはなく、まったくもって小顔のイケメン俳優が羨ましく、そして妬ましいわけだが、今更小さくはならないので諦める他はない。
ショウエイ製のヘルメットは、食わず嫌いというか敬遠していた。デザインが全体的にシャープに思え、きっとこのデカ頭には窮屈なのだろうと。
しかし、それがどうも違うらしい。「アライ頭」と比較して「ショウエイ頭」の方が横幅にゆとりがあるという情報を得て、早速、買いもしないのにバイク用品店に行ってヘルメットを試着してみた。XLサイズはあまりなかったが、フルフェイスのものをいくつか。
結論。先入観とは何てオソロシイのだろう。自分は「ショウエイ頭」のようである。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。