漂々日記

Wandering Diary 

XELVIS 

 

ホンダからVTR250の新型が出て、名機の誉高きあのVツインエンジンが生き残ったことを嬉しく思った。旧型からのトラスフレームはドゥカティのパクリっぽくて好きになれないけれど、欲しい!とまでは強く思えないけれど、プロモーションムービーに出ている女優さんがオトナな女性で素敵だった。
http://www.honda.co.jp/VTR/theater/index.html

たった3日間だけだったが、元XELVIS乗りとしてVT系には少々思い入れが...
XELVIS。そう表記してゼルビスと読む。この難読な名前からして不人気の匂い漂うバイクだった。実際、不人気だったようだが、今でもバイク便で使われているのを時折見かける。
今乗っているトランザルプといい、Vツインがことさら好きなわけでもないのだが、なけなしの金で買ったゼルビスはガンメタの中古だった。手元に来て3日目、慣れるために伊豆にツーリングに連れ出した帰りに、伊勢原の弁当屋の前で右折してきたタクシーに横っ腹を突っ込まれてあっけなく早すぎる最期を迎えた。自分自身は路肩の植え込みに放り出され足を捻挫しただけで人生の最期は迎えなかったが、二輪、四輪を含めてこのゼルビスは我が最短車歴である。3日。この記録は今後、どういうバイクやクルマに乗り継ぐか分からないが破れそうにない(破りたくないものだ)。
XELVIS(ゼルビス)。造語で“最高の歓迎すべき友人”の意。自分にとっては仲良くなる前に去っていってしまった皮肉な名前のバイクだった。
http://www.honda.co.jp/news/1991/2911011.html

category: 二輪

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

No title

きっとゼルビスが守ってくれたんだねそのバイクは一度も見なかったなぁ。大けがにならなかった事が一番だよ
交通事故の後遺症なんて、辛いものがあるよ。

俺もバイク乗りたいなぁ。ははは(逃避?)

nishi #- | URL | 2009/03/08 23:17 | edit

No title

nishiさん
そういえば、一度もお披露目できなかったんだよね。
事故ったとき、タンクがひどいカタチで凹んで、後になってからだけど
嗚呼助けられたかもしれないと思ったよ。

事故はコワいけれど、バイクは脳が活性化されるみたいだし、是非!

リュウ #- | URL | 2009/03/08 23:58 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top