漂々日記

Wandering Diary 

札幌展2009 (3) 

 

展覧会のことや作品のことをほとんど書いていなかった。最後に。
この展覧会の趣旨は「質の高い版画作品を札幌で披露する」というもので、12年前に札幌市在住の版画家 渡會純价氏が小林敬生氏に、さいとうギャラリー(札幌)にて若い人たちでグループ展をしてほしいと依頼したことが契機となり現在に至る。当初より、多摩美版画の卒業生によるグループ展の形式で、友野直実・渡邊慶子の両氏(札幌市在住)を幹事として開催しており、毎回メンバーを少しずつ入れ替えながら、今回で12回目を迎える。
以上、受け売り。

054_convert_20090202182652.jpg
「コタツに乗って」 
木によるリトグラフ 90×60cm

自分が出品するのは確か今回で6回目である。札幌は非常に熱心に見てくださる方が多いので嬉しい。

category: 美術

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top