漂々日記

Wandering Diary 

これから 

 

もう、ずいぶん時間が経ってしまったような気もするが、一週間前の参議院選挙で
自分が投じた一票はまたしても死票となった。予想はしていたが残念である。
これから一体どうなってしまうのだろう。自民党圧勝の選挙結果に、将来が
不安になる。

例年、今頃は北海道ツーリングのことで頭がいっぱいになるのだが、今年は身辺が
慌ただしく、渡道叶わず。
これからおそらく生活が変わる。そしてそれは何らかの意味のあることなのだろう。
とは言っても、バイクは降りないし、筆も折らないとは思うが。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

リコール 

 

暑い。と、言っても涼しくならないが、早々に梅雨が明け、水不足が心配である。
母親の乗るエアウェイブにリコールがあり、昨日ディーラーに持って行く。
http://www.honda.co.jp/recall/130613_3172.html

所要時間約1時間。その間、アイスコーヒーを頂き、展示してあったクルマを眺める。
ホンダ。初代シティ、ワンダーシビック、CR-X、アコードエアロデッキ、昔の方が...
なんて、それは言いっこなしか。
N ONEに興味が向く。シートに腰掛けるだけで試乗はしなかったが、走りはどんな感じ
なのだろう。
デザインは単なる懐古趣味ではないとあらためて感じた。過去に友人から譲り受けた
N360に乗っていて、記憶が若干薄らぎつつあるが、懐かしいとはあまり思わなかった。
N360は2ドアで、N ONEは4ドアという違いがあるからかもしれない。
N ONEは結構車高が高く、センタータンクレイアウトの恩恵か、リアの居住性は優れて
いるように感じた。また、トランクスペースも十分であるように思う。
そういえば、N360のトランクリッドはプラスチック製だった。
N ONEは、一度、道でお年寄りが乗っているのを見かけたことがあるが、絵になっていた。
老若男女を問わないクルマというのはなかなか稀有であると思う。

エアウェイブのリコールは、点検したところ特に問題なしとのことだった。

category: 四輪

tb: --   cm: 0

△top