漂々日記

Wandering Diary 

パッキング再考 

 

時折、旅の荷物満載のバイクとすれ違ったりすると嬉しく感じるのは、考えてみれば不思議である。
少し前にやっていたNHKのバイクツーリングの番組。
数えるほどしか見たことがないが、楽しく視聴した記憶がある。
しかし、どこか違和感があって、それはバイクに荷物がほとんど積載されていないからだと言っていた方がいて
その通りだと思った。
泊まりであるならば、着替えくらい積んだほうが絵になると思われる。

先日、パッキングの再考とばかりに今まで使ってきたホムセンBOXに荷物を無理矢理詰め込んで蓋をしようと
したらバックル部分が根元から折れてしまった。

http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H209206F

この箱は何代目だったろう。細部がよく出来ていて結構気に入っていたのだが。ただ自分の用途からすると
容量が少ないのが難である。
今まで購入したホムセンBOXの総額で、それなりのツーリングバッグは買えているのではないかと思うと
本末転倒な気もしなくもない。

自分はパッキングがかなり下手だと思う。心配性で荷物が増える傾向に加え、ものぐさな性分が災いする。
誰もがそうかも知れないが、バイクに荷物をつけるときは、煩雑なのも雨に濡れるのも避けたい。
市販のパニアケースならばどれほど楽だろうと思う。しかし、250のオフ車にはどうかと思われ
何より鼻血が出そうな価格が立ちはばかる。

ホムセンBOXは安さも魅力だが、何より便利である。
パニアケース同様、中の荷物が雨に濡れることもなく、一度林道でコケた時も割れることはなかった。
キャリアに積みやすいようあれこれ思案したり加工したりするのも楽しく思え、カッコ悪いという感覚も
早々に麻痺した。というか、最初からあまり無かった。生活感を漂わせることも旅の気分を盛り上げる
とすら思っていた。
さらに、モノによってはテントを張ってからテーブルやイスのかわりになる。寝るときはテントの外に
出しておいても夜露などが気にならない。

さて、次はどうするか。
いささか矛盾しているかも知れないが、ドラムバッグなどをチューブバンドでリアに無造作に
括りつけるのも美しいと思う。
それとも素直にツーリングバッグか。

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

smartphone 

 

モノを所有するときに往々にして考えることは、旅の道具として実用に耐えうるのかということである。
キャンプツーリングの際の電池の持ちが懸念されて二の足を踏んでいたのだが、キャッシュバック?で
実質無料だったので携帯電話をスマートフォンに換えた。
前の機種は4年10ヶ月使っていたらしく、女子大生と思しき店員さんに驚かれた。そんなものか。
確か撤退してしまった三菱電機製D903i。自分にとって携帯電話とは白物以上のモノではないので
基本使用料が割高でなければ壊れるまで使おうと思っていたのだが...

次はシャープ製。
http://www.nttdocomo.co.jp/product/with/sh02d/index.html
無料で防水防塵仕様はこれしか選べなかったというのが選択理由。
液晶が小さめでテンキーがついていて今までのとあまり変わり映えがしないが、おくだけ充電であったり
新旧混ざり合ったような機種にも思える。
使い方が今ひとつ分からないのだが、先ずは慣れるようにしたい。
電池対策は予備電池を持つことにした。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

 

 

095_convert_20120412215229.jpg

107_convert_20120412220356.jpg

115_convert_20120412220508.jpg

4月9日(月)、12(木) 飯山観音

去年は桜をめでるどころではなかった。喜ばしいことと思いたい。
写真が思うように撮れないことをカメラのせいにして、久しぶりにカメラウイルスがメキメキと。
金もないのに一眼レフかミラーレスかなどと考える。
銀塩時代に親しんだ写真。少し気持ちが離れている間にデジタル革命が起きて何が何だか...
αがソニーブランドになったのは今更ながら隔世の感。
手元にあるミノルタαレンズのことを考えれば、ソニーに流れるのが自然なのかも知れないが
どれだけソニーのαが高性能だとしても、素直に欲しいと思うことが出来ない。
古い人間なのだろうか。
-- 続きを読む --

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top