漂々日記

Wandering Diary 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

あごひも 

 

今更ですが私、ヘルメットのあごひもの締め方を間違えておりました。
途中何度かブランクを挟みつつ、免許を取って15、6年
エンドホックなるものは、ただの一度も使ったことがありませんでした。
長い間、これは何のためにあるのだろうと疑問を持っていました。
タブに至っては邪魔だなあとしか思いませんでした。
些細なことで、安全に支障がなかったのは救いではありますが。
しかし、どうりですぐにあごひもの先がほつれるわけです。
今日から直します。

http://jp.shoei.com/support/ja/howtouse/chinstrap.html

バイクのメンテナンスの仕方とか、うろ覚えの歌詞とか、絵具の使い方とか
他にも間違いはいろいろあるような気がします。


090_convert_20120329131110.jpg

095_convert_20120329132631.jpg

3/22(木)、あごひもをビラビラさせながら、Nさんと山中湖周辺を巡る。 
スポンサーサイト

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

3.11 

 

今日は節目ではない。しかし、忘れるより良い。
市の防災無線の号令とともに14時46分、自分の部屋で黙祷を捧げた。

震災後、作品に向き合うことに躊躇した。
筆を握り続けて一体何の役に立つのかと自問自答せずにはいられなかった。
しかし、落ち着きを取り戻す過程で、言葉、音、笑い、色カタチの順に欲した。
それは今後、留めておきたい。美術が衣食住の後に必要となるものと信じたい。

まだまだ不幸は癒えず、不安は拭えないが、良いことも悪いことも多くを教えられた。

報道をすべて鵜呑みには出来ないこと、政府と東電が信じるに及ばない存在であること。
最近、脱原発ではなく脱被曝ではないかと思うようになった。
この許し難い人災に際し、感情に流されることなく、ひたすら冷徹でありたいと思う。





category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

画商 

 

以前、ある酒席でイケメンの若い画商さんに、作家はもっと勉強して欲しいと言われたことがあった。
ぬかしやがってコノヤロウ...
と思ったが、自分は作家ではなくニートだからと、その時は適当にごまかしてしまった。
しかし、あれは単に市場に迎合した作品をつくって欲しいということではなく、市場から目をそむけないで欲しい
という意味だったのだと、今更ながら思う。
少しでも市場を見て、把握しようと努めなければ、市場に迎合した作品はおろか、市場を超越した作品も
つくれないのではないか。
でもその後、一緒に贋作つくってひと儲けしましょうと盛り上がったので、やっぱり売り絵が欲しかったのかも
しれない。

イケメンといえば、別の画商というか美術ブローカーの人に、君はイケメンじゃないから画商に向いていると
言われたことがあった。
その人は奥さんのお小遣いが月300万とか、自宅のローンが6回払いとか、およそ意味不明な事を言っていて
少し憧れてみたりもするが、7掛けとか8掛けとか言われても、自分は釣銭の計算もろくに出来ないので、多分
商売は無理だと思う。

category: 美術

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。