漂々日記

Wandering Diary 

Kさん(仮名)のこと 3 

 

短期のアルバイトなので、このことは誰にも言わないでおくべきかとも思ったのだが、
現在アメリカに留学中で、長い夏休みに日本に帰ってきてアルバイトをしているというAさんに打ち明けてみる。

私:「Aさん、儲け話とかって興味あります?」
Aさん:「?」
私:「●●(←Kさんの会社で扱っている健康食品の商品名)って知ってます?」
Aさん:「? いいえ...」

Aさんが少し怪訝な顔をする。

私:「あ、いや僕じゃなくて、実はKさんのことなんだけどね・・・」
Aさん:「あっ! もしかしてねずみ講とかですか」

おお! 鋭いな、若人。

私:(黙ってうなずく)
Aさん:「僕、初対面でいきなり肩たたかれて、自己啓発セミナーに誘われてどうして良いのか分からなくて、困っていたんですよ」

言って良かったのだと思うことにした。
その後、Aさんに面白いコントがあると教えてもらった。

http://www.youtube.com/watch?v=IYW0BkdtmEE
http://www.youtube.com/watch?v=f7LYOWaQMLE&feature=related

これはまさに・・・

もう一人、元自動車整備士のOさんにも聞いてみた。
「やっぱり。何か言いたそうだったんだよねえ、あの人。20年位前はよくあったんだ、そういう話。だからすぐに分かったよ。」
とのこと。

最後まで分からなかった自己啓発セミナーとKさんの関係は、Oさん曰く
やる気に(洗脳)させて、商品を売るように仕向けること、売らなければいけないと思い込ませることが目的
なのだと言う。納得。

結論。世の中には様々な人がいる。

(終)


※ Kさん(仮名)個人について、誹謗中傷する意図は全くありません。
   出来る限り気をつけたつもりですが、内容や表現に問題があるようでしたら訂正、または削除します。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

Kさん(仮名)のこと 2 

 

Kさんの大風呂敷に、失礼ながら何か裏がありそうなのはひしひしと感じてしまった。
また、Kさんの穏やかな笑顔の向こうにある、どこか冷酷さを感じる眼差しは見逃すとが出来なかった。

自己啓発セミナー参加については、首を縦にも横にも振らず、聞かれた収入については、就職したことが無く
不安定で分からないと答えた。連絡先については最後の日にでもと伝えたが、あと半月程のアルバイト期間中
シフト表の限りでは、Kさんと同じ日に仕事をすることはもうない。つまり、もうKさんと会うことは基本的にはない。
何かの縁で出会った人にこのように接するのは、かなしく思えたが、仕方がない。

Kさんの言う会社の名前をやんわりと聞いた。その会社は東京駅の八重洲口に事務所を構えていて
財務状況等が非常に健全な超優良企業だと言う。
帰ってネットで調べてみた。うーん...やはりというべきか...
確かに、Kさんの言うところの超優良企業であるというのはあながち間違いではなさそうである。
しかし、それは多くの人の経済的、精神的犠牲の上に成り立っているものであると推測される。
Kさんの会社は会員を募り、おそらく原価数十円、数百円の健康食品をとんでもない価格で販売していた。
近所のおばさんが化粧品で同じようなことをやっていて、何となくそういうことがあるのは知っていたが
いわゆるマルチ商法、言い方を変えると、ねずみ講である。

おそらくKさんは、そこの会社の役員ではなく会員(上級会員?)なのであろう。
疑えばきりがないが、医療相談というのは、病に苦しむ人の弱みにつけ込み、最終的に取り扱っている健康食品を
会員にさせて買わせること、さらに言うと効能の有無が不明な健康食品なんてただの道具に過ぎず、幸せになれる話がある
とか言ってマルチの販売システムに加担させることが本当の目的ではないか。

しかしKさんは、何故アルバイトをしているのだろう。
鵜呑みには出来ないが、仮にKさんの言っていることが本当だとして、普段たくさん稼いでいるのならば、経験と言っても
夜勤でなくて良いと思われるのだが。
カモを探している?
Kさんも大損をして火の車になっている?
あるいは両方かもしれないが、真相の程は不明である。
ただ、情報を容易く得られる現代において、マルチ商法は通用しにくくなっているということは想像に難くない。

(つづく)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

Kさん(仮名)のこと 1 

 

アルバイトに関することが続いてしまうが、以下、備忘録としてアルバイト先のKさん(仮名)のことについて記したいと思う。


Kさんは自身の年齢を63と言っていた。
僕と同じく短期で、社内では14勤と呼ばれる夜勤アルバイトをしている。夜勤にはいくつかの時間帯があるのだが、
この14勤とは、17時~翌朝9時までの勤務形態を指す。明けの日は1日休みで翌日の夕方から再び勤務に就く。
簡単に言うと1度に14時間(2日分、休憩時間を含むと16時間)働く計算で、週に2~3回の出勤となる。
Kさんは、小柄で細身である。仕事はトラックが運んできた荷物をパレットごと降ろして、仕分けする場所に運ぶのが
主な内容なので、およそ力仕事には向かないと見受けられる風体である。
Kさんは、一見穏やかな印象である。休憩時間に身の上話をいろいろと聞いた。

・今、家を新築している。
・会社の相談役のような?ことをやっていて、時間的に自由が利く。
・22~23の頃は月収500万円くらいだった(年収6000万円?)
・この夜勤アルバイトはお金の為ではなく、経験としてやっている。
・娘が2人いて、孫がいる。
・以前は宝石の鑑定士だった。購入者が安心できるよう、自分ともう一人で鑑定のシステムをつくり上げた。
・何年か前に、日本の風土には宝石は馴染まないと見切りをつけ、NPO法人を立ち上げ、医療相談に携わる仕事を
するようになった。そこで今までに医者に見捨てられた何百人もの命を救ってきた。
・人の為になるようなことをこれからもやって行きたい。

Kさんの話は、正直、頭の中で整理しきれない部分も多かったが、黙って聞いていた。
さらに、講習会(自己啓発セミナー?)をやっているとのことで、興味があればとお誘いを受けた。
僕の月収(何故か年収でななく)、連絡先についても尋ねるのだった。

会社の相談役?、医療相談、自己啓発セミナー・・・
勘の鋭い人ならば、この時点で気付くことだろう。しかし僕は、この3つの関係性がまだ理解出来なかった。

(つづく)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

ところてん式? 

 

ゆうパックの集配遅れがニュースになっていた。
先週からアルバイトで少し関わって、現場の混乱ぶりは目の当たりにしていたが、報道される事態にまで発展するとは...
自分が所属している支店では、便数が膨れ上がったというのもあるが、トラックがスムーズに構内を往来できずに
一向に到着ホームにたどり着けないという感じだった。結果、あふれたトラックが付近の国道にまで列を成し、渋滞を
巻き起こして警察が出動していたと聞く。
しかし、修羅場と化すわけでもなく、諦めムードなのか何だか淡々としていた。あれほど懸念したのに、ざまあ見ろと
いわんばかりに。下請けのトラックドライバーは、いささかかわいそうだったが。

先日のミーティングで社員さんからは、ところてん式でやれば出来るとの説明を受けていた。
しかし、そう言っていた社員さんもそれは机上の空論であることは十分わかっているような感じだった。
天突きの容量を変えずに、挿入するところてんの量を増やすことなど物理的に不可能なのだ。この小学生でも理解できる
ような理屈を無視して、現場の努力とか根性とか浪花節で問題を解決せよと言われても施しようがないのだろう。
そもそもペリカン便との統合も、さらには郵政民営化も望んでいないのが社員さん達の本音だと思われるが。

先の見えない下積み生活の中で、不謹慎ながら自分にとっては貴重な体験になった思う。

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

夜勤 

 

1ヶ月程、郵便局で夜勤のアルバイトをすることにした。
部屋の片隅に放置してある版木から目をそらし、こんなことをして良いものかと自問自答したが
短期であること、画材や旅の資金繰りにあえいでいることなどもあり、勤しんでみることに。
まだ2回しか出勤しておらず、分からないことだらけなのだが、トラックが運んできた荷物を構内で搬送するのが
主な仕事内容である。

まわりの長期アルバイトの人は、おじさんから若い人まで何故か皆さん優しい。この優しさがいつまで続くのか怖い程。
間違いをおかしても叱責されることもなく、さらりとカバーしてくれたり。短期アルバイトを迎え入れるのに慣れているからか
長い勤務時間、いちいち感情的になっていたらもたないからだろうか。それともここの郵便局の風土か。
しかし、主観的ではあるが苦労人の方が多いように見受けられ、そこから滲み出るものではないかと察している。
社会勉強になる。

20100628005525.jpg
携帯のカメラで上手く撮れなかったが、休憩室からは素晴らしい夜景が一望できる。
(休憩室だから大丈夫だと思うが、個人情報が溢れているところなので本来は撮影禁止かも)

しかし、ドタバタもあり。夜勤明けにミーティングに参加させられ、最初は何のことかさっぱり分からなかったのだが、
今日からペリカン便とゆうパックが統合されるので、現場ではいろいろと混乱が予想されるようである。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top