漂々日記

Wandering Diary 

妄想ガレージ 

 


http://www.yamaha-motor-europe.com/products/motorcycles/adventure/xt1200z-super-tenere.jsp

去年のモーターショーにミイラのようなオブジェで出品されていたのを写真で見て、まだまだ発売は先のことと思っていた。
想像していたより大人しいデザイン。660のテネレの方が挑戦的で面白いと思ったが、これはこれで長く付き合えるのだろう。
今乗っているセローをセカンドバイクにして、アトリエ兼ガレージに並べるオートバイライフ・・・という妄想。
アトリエ兼ガレージ。 今のままでは内燃機関が存在しているかも疑わしい、宇宙的に遠い未来の話になりそうである。
しかしSUPER TENERE、自分にはいささかオーバークオリティか。
貧乏な自分には買えないけれど、女性受けも良くないだろうけれど、ビッグオフやアルプスローダーを日本では売れないなんて最初から決めつけないで、是非発売して欲しいと願う。

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

ハイギアード化 

 

迷ったが、自分の用途に合わせるべく、セローのフロントスプロケットを15Tから16Tに換装した。
スプロケットを止めてあるナットが外れずに手こずるかと思ったが、意外と簡単に出来た。チェーンもスネルカムの調整だけで収まった。
これでファイナルが3.200→3.000となり、6.25%のハイギアード化(自分では計算しておりません...汗)。
マウンテントレールを謳うセローは、元々ローギアードの設定のようである。
未舗装の土手やアスファルトの県道、国道を少し走った限りでは、なかなかの好感触。引っ張った際に各ギアでの伸びが良くなり、早々にやってきた頭打ち感がなくなって乗り易くなったように思う。
しかし、まだ試してはいないがその代償として、獣道のような所で求められる極低速域での粘りは、若干失われたのだろう。
懸念材料がふたつ。
ひとつはスピードセンサー位置の関係から、スピードメーターやオドメーターに誤差が生じること(実際よりも僅かに少なく表示される)。許容範囲か。
もうひとつはスプロケットの耐久性。
セロー250に装着できる16Tのフロントスプロケットは、DRC製のみのようで、アファムやサンスターといったメーカーからは発売されていない。(TT250の純正品が流用出来るとの情報もあるが、定かではない。パーツカタログで見る限り、難しいか。)
有名メーカーのモノだから良いというわけではないだろうし、DRCのモノだから悪いというわけではないだろうし、素人目で見た限りでは、取り外した15Tの純正品と遜色ないように思えたが、しばらく様子を見てみたい。

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

凹む 

 

同期の友人から聞いてはいたのだが、長いこと愛用していた紙が去年の末でやっぱり廃盤になったようである。
レオバルキー。試刷り用と言われようが、安っぽいと言われようが(実際に安い)、使い勝手が良かったのに...何故。
ハーネミューレとか高級紙は、過去に一度使ってどうにも馴染めなかったし、この先どうしたら良いものか。
世界堂の通販サイトで、シリウス水彩画紙というのが安くロールで売っているのを発見したが、版画で使ったら
どんな按配なのだろう。

今日、軽トラのハンドルを握り、ろくに後方確認しないでバックしたら、よその家の石垣にガツンとぶつけた。
凹んだのは少しでアオリの部分だし、人を轢かなくて良かったとプラス思考でいきたいところだが、
ぶつけると心も凹みますな。
慢心か過信か、運転中、よそ見ばかりしていると言われるので、気を付けなければ。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

地元を巡る 

 

2月8日(月) 


より大きな地図で 2010.2.8 を表示

走行距離 120.4km

子どもの頃、厚木という地元が嫌いだった。都会でもなく田舎でもなく、でもやっぱり田舎で、これといった史跡や名物、文化的なものも思い当たらず、何もかもが中途半端に思えて嫌で嫌で仕方がなかった。
20歳を過ぎてからも、そんな思いは変わらなかった。しかし、いまだに厚木に住み続けているのである。無論、経済的理由もあるのだが、今では厚木という所が、決して嫌いではない。
転機は、大学院の史学ゼミで郷土史をほんの少しかじってからだと思う。そこで、厚木には何も無いのではなく、いろいろなものが埋もれてしまっていることを知った。一番の驚きは、自宅から見える山々が修験の行場だったこと。
今回は、Nさんからのお誘いを受け、そんな地元を巡った。

-- 続きを読む --

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top