漂々日記

Wandering Diary 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

2009年 北海道ツーリング-1 

 

015_convert_20090927191629.jpg

期間:2009年9月11日(金)~9月23日(水)
使用バイク:ヤマハセロー250


9月11日(金)~12(土)

自宅-R412-R20-相模湖IC-中央道-八王子JCT-圏央道-鶴ヶ島JCT-関越道-長岡JCT-北陸道-新潟中央JCT-日本海東北道-新潟亀田IC-新潟西港

走行距離 384km

マリッジブルーならぬツーリングブルーなんて言葉、あるのだろうか。暇に任せ、目的地をはっきり定める前からパッキングをしていたせいか、今ひとつ気分の盛り上がりに欠ける。去年とバイクが変わり、排気量が小さくなった。高速向きとは言えない、まだ新車の匂いがかすかに残る、慣らしもそこそこのセロー。関越トンネルをくぐり、果たして新潟まで辿りつけるのか不安になる。もうひとつ引っかかることは12日は母親の誕生日で今年還暦を迎えること。そんな日に、何かプレゼントするでもなく、あてもなくバイクで鉄砲玉のように行ったきり帰ってこなくなるような(帰って来る予定だが)旅に出る親不孝なバカ息子と化すことに、さすがに若干の抵抗を覚えたりする。
22:40、それでも自宅を出発。不自由であることの窮屈さよりも、自由であることの戸惑いやら罪悪感。
23:40相模湖ICから中央道、新宿方面へ。小仏トンネルをくぐり、八王子JCTから圏央道。はじめて通るコース。90~95km/hのペースで巡航。それ以上はやや苦しい。
鶴ヶ島JCTから関越に入り、高坂SAで休憩、と思ったが、SA内で警察と暴走族(昨今は珍走団と記したほうが良いのか)が向き合っていて、いささか不穏な空気なので早々に退散。次の嵐山PAで休憩。寒さを感じ、インナーをもう一枚着込む。
赤城高原SAで再び休憩および給油。ここから先は越後川口まで(100km以上?)給油できないので注意が必要だ。駐輪場で北海道はベテランと思しきジェベル乗りの方と挨拶を交わす。
関越トンネルの手前あたりからポツリポツリと降り出す。トンネルを抜けしばらくすると本格的に降り出した。雨男だの雨女だのと責任のなすりつけをする相手もなく、辛さを分かち合う相手もない。
新潟亀田ICで降りる。¥1000! 一瞬、目を疑ったが事実。いずれ無料になるかもしれないが今は素直に喜びたい。
結局新潟西港まで降り。しかしフェリーが出航する頃には雨は上がっていた。
今年も雨男ぶりは健在か。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 二輪

tb: --   cm: 0

△top

おこたり気味 

 

更新を怠り気味ですな...

002_convert_20090930131335.jpg

おととい、Nさんにお会いし、寺家(じけ)ふるさとの森に連れて行っていただいた。
横浜に奇跡のように残っている谷戸。しばし、はるか遠くに来た気分に浸る。

011_convert_20090930131406.jpg

そのときに、いただいた去年の北海道ツーリングの写真。
自分の貧しい言葉に置き換えるのはためらう程に、何とも詩的。
モデルの質に関わらず、すっかり旅人になっております。

さて、今年の北海道ツーリングでノートしたものを、少しづつ上げてみたいと思う。
たいていは夜、テントの中などで酔っ払って書いていて、加筆、修正が必要な状態だが
それがいつまで経っても終わりそうになく、(仮)状態での見切り発車としたい。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

帰宅 

 

今朝方、何とか無事故無違反無転倒で帰って参りました。
北の大地を10日ほど、セローで駆け抜け、幕営などをしておりました。
しかし、それなりに対策はしていったつもりだったのですが、9月の北海道は寒かった...

これから洗車して、オイル交換して、テントやシュラフを干して
あああ、のしかかる現実...

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

悩み解決 

 

一週間を超えるようなキャンプツーリングに出かけた際、携帯電話の充電をどうするか。

これは悩みの種だった。
屋外にコンセントを見つけるのは難しく、また無断で使用すれば盗電となる。
日程の中で宿に泊まったりすれば良いのだが、それでも何となく不安で、前車トランザルプのときは
充電できるように電源ソケットを取り付けていた。
セローでも同様のことをしようと考えたが、マスの集中化とはこのことか、バッテリーやヒューズボックスの
レイアウトが窮屈で加工が必要そうだったので、無理は禁物と今回は見送ることに。

その後、しばらく考えていたのだが、昨日、やっと気が付いた。

電池パックをもうひとつ持っていけばイイ!
たとえ、それで足りなかったとしても、この安心感は代え難い。

早速今日、ドコモショップへ買い求めに行く。

受付のお姉さんの美しさに、歯は磨いたが、ろくに顔も洗わずに行ったことを後悔しつつ
用件を伝える。
すると、二年以上同じ機種を使い続けているということで、電池パックをタダでもらえた。
有難い。

帰り、鼻歌交じりにクルマを運転中、バックミラーを見ながら気付いたことがひとつ。
顔を洗わなかったことなんて大した問題ではなかった。あるいは顔を洗わなかったことが
気付くのが遅れた原因か。
嬉しい気持ちも束の間、鼻毛が出ておりました...

20090909205214.jpg

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

予行練習 

 

20090905124331
携帯から投稿したことがないので練習してみます。無精ゆえ、旅先からリアルタイムでブログの更新なんておそらく無理だと思われますが。

行き先未定と言いつつ、北に向かうフェリーの予約状況をチェック。みんな考えていることは同じようで、連休はチケットを取るのが難しそう。

(画像は本文とは関係のない、先日見た虹)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

絶滅回避 

 

時の流れに乗り遅れているのは今日にはじまったことではないが、もう9月。
高校の同窓会の案内が来た。
高校時代はどうにも記憶が曖昧なのだが、皆程よくオジサンやオバサンになっていることだろう。
会ってみたい気持ちもあるが、自分が会える状況にないような気もするし、思い出は美しいままに
しておくつもり。

とりあえずアルバイトの休みを取り、9日(水)~25日(金)まで自由に動けるようにした。
月末以降の懐のことを考えると空恐ろしいのだが、今が大切。見て見ぬふりをするしかない。
旅支度などをしてみる。キャンプ道具一式をセローの後ろにあててみるのだが、どうにも
バランス良く積めない。
特にサイドバッグが難しい。重心を下げるのには効果的と思われるが、去年はどうしていたことか。
そのまえに、この決断力のなさは困ったものだが、どこに行くかまだ明確に決まっていない。


我が愛車、我が心のサンバーが危惧された絶滅を当面は回避出来たようでとても嬉しい。
昴、頑張れ、盗用多になんか負けるな!

http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_54584.pdf

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。