漂々日記

Wandering Diary 

33 

 

本日、33歳になりました。
何ひとつ事を成し得ず、虚しい限りです。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

今朝 

 

どこかの高校。やや古ぼけたコンクリートの校舎。女子の姿が見当たらないのでおそらく男子校だろう。そこで生徒として生活を送っていると突如として横山やすしが数学を教えにやってくる。みんな恐れおののき逃げ出す中、次々と捕まり校門の前に止めてあるオンボロのマイクロバスに押し込まれる。その様子が教室の窓から見える。バスの折り戸の前には竹刀を持った横山やすし。最後は自分ひとりとなり必死に高校の裏山に逃げ込む。急な坂を登って息が切れて前に進めなくなり、そこで目が覚める。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

多摩美術大学版画OB展2009 

 

会期 1月27日(火)~2月1日(日)
時間 10:30~18:30(最終日16:30)
    1月27日(火)16:30~18:30 オープニングパーティ
場所 さいとうギャラリー
    札幌市中央区南1条西3丁目1番地 ラ・ガレリア(丸一ビルヂング5F)
20090115233725 地図

今年も声を掛けていただき参加することになりました。
自分は26日(月)の午後から札幌入りをして陳列作業に参加、27日(火)は終日在廊予定です。
しかし、今日までに何点か作品をつくってみたものの、どれもこれもいつも以上に見るに耐えない出来。さて、ここからどうやって誤魔化...いいえ、修正しますかね...

category: 美術

tb: --   cm: 2

△top

時代おくれ 

 

年賀状、まだできません。もう寒中見舞いですね。
今日で平成になってちょうど20年らしい。20年前は中1だった。あの頃は、もうちょっとマシな将来を思い描いていたはずなのだが、現実はキビシイ。
何も成し得ていないのに最近、布団からかすかに加齢臭が...否、まだしない。
ギラギラと生きるのが死ぬ程嫌いなので諦めるよりないのかもしれないが時代に取り残されている感、強し。
河島英五の「時代おくれ」という曲が好きだが、思えば時代おくれという言葉、最近聞かない。
時代おくれ。アラフォーの意味を最近知る。ホンダのヨンフォアみたいにアラフォアとは言わないのね。ついでにアラサーの意味も知る。
時代おくれ。クルマが好きだ。若者のクルマ離れが進んでいる時代において。思えば中坊の頃より20年来の憧れのクルマがある。それはフェラーリでもポルシェでもなく醜いアヒルの子、シトロエン2CV。
ドゥー・シュヴォー、はるかなり。

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

謹賀新年 

 

本年もよろしくお願い致します。
初夢は死んだ爺さんに食べかけのせんべいを無理矢理、口に押し込められるというなんともめでたくない夢だった。じいちゃん、何が言いたかったのだろうか...
朝から着替えもせずテレビばかりみる。新年早々くまだまさしに興味津々。この人の芸、下品だけれど、どことなくやわらかい感じがして好きだ。
午後になって着替え、版木をいじる。元旦から仕事。10分で挫折。
飼い犬の誕生日が今日で15歳になった。老犬だがどうにも彼は落ち着きがない。
正月料理にもう飽きる。カレーが食べたい。と我侭を書いてみる。

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top