漂々日記

Wandering Diary 

北上日記(3) 

 

08蛹玲オキ驕薙ヤ繝シ繝ェ繝ウ繧ー+111_convert_20081208182916

9月1日(月) 晴れ→雨

旭川プラザホテル-ジップ(バイク屋)-R39-R273-層雲峡-三国峠-R241、R274-足寄-大坂屋食堂-R241、R274-帯広-ホテルアルムオビヒロミナミ泊

走行距離 259.5km

バイク屋へ行く。幸いフォークは歪んでいなかったようで一安心。工賃4200円。高いのか安いのか分からないが、帰りは高速などものるだろうから安心料といったところか。「蹴っ飛ばしゃ直るよ」と言われたが丁寧に見てくれた。KTMが並んでいるマニア心をくすぐる店だった。
バイクが直り、予定を立てていなかったのだが、とりあえず層雲峡を通って三国峠に向かうことにした。その後足寄の大坂屋食堂(ライダーハウス)あたりに泊まれればと考えた。三国峠周辺の道は何度通っても良い。紅葉の時期などさらに素晴らしいだろう。三国峠で鹿児島ナンバーのビューエルに乗っているお姉さんを見かける。挨拶しかしなかったがカッコ良かった。糠平を過ぎたあたりから急に雨。バケツをひっくり返したような雨。ビショビショ、ベチャベチャ...グローブや靴から浸水。凹む。おまけにシールドが曇って前が見えない。おそろしい。濡れたら乾かせば良いと達観できるようになるまであと何年くらいかかるだろうか。あてにしていた大坂屋食堂は休業。こんなときに...それよりもおじさんやおばさんに何かあったのかと心配になった。結局、ケータイで去年も泊まったホテルアルムオビヒロミナミを予約した。帯広まで徹底的に雨に打たれる。アルムオビヒロミナミは部屋に当たりハズレがあるのか。今回の部屋は半地下。値段考えれば御の字ではあるのだが、去年は離れのようなところで良かった。夕食はもうバイクに乗りたくなかったので歩いて行ける所で済ませようと思ったのだが、適当なところがなく、コンビニはやや遠く、結局食いたくもないお好み焼きを一人で食う羽目に。一人で鉄板に向かう虚しさ。美味かったが。周りはカップルが多く、一様に一見ガラが悪い。たまに聞こえてくる会話から察するにおそらく中身は純粋なのだろう。去年入ったラーメン屋でもそうだったのだがそれが帯広の若者文化なのか。


-- 続きを読む --

category: 二輪

tb: 0   cm: 0

△top

北上日記(2) 

 

08蛹玲オキ驕薙ヤ繝シ繝ェ繝ウ繧ー+081_convert_20081208203033

8月28日(木) 雨

全日九種湖畔キャンプ場滞在

走行距離 0km

AM記
雨。動けず。動こうと思えば動けないこともないのだが...
降られた場合はテントの中で過ごすのも悪くない。ようは雨の中でのテントの設営や撤収が厄介なだけなのだ。前日にもう少しいろいろ酒や食料やらを買い込んで置けばよかった。
むやみに排気ガスを撒き散らし走り回るだけがキャンプツーリングではない...か。

PM記
雨、止まず。予報では午後は止むようなことを言っていたのだが...
科学がどれだけ進歩しても天気予報は少しも当たらない。
フライやタープから発する雨音が心地良い。ここのキャンプ場は芝がキレイで水はけも良い。昨夜一緒にホッケのちゃんちゃん焼きをつっついた他のキャンパーの方々も今日はじっとテントで過ごしているようだった。
15時をまわり、昨日はバイクで行った近くの船泊というところにある漁協ストアに歩いて買出しに行く。帰り道、船泊の街並みに身を置き、自分のように旅をしたがる人間はここには住めないのではないかと考える。離島というところは地理的にあまりにも不自由だ。それが良いところなのかも知れないが。
テントに戻り、ラジオに耳を傾けつつ、漁協ストアにおそらく島民価格で売っていたつぶ貝の刺身を肴にチビリチビリと鏡月GREENをやる。この時点でまだ16時半前。
明日も雨のようなのでケータイで稚内の安宿を予約した。明日は未練たらしく
島めぐりをし、夕方のフェリーで稚内に向かう予定。


-- 続きを読む --

category: 二輪

tb: 0   cm: 0

△top

北上日記(1) 

 

08蛹玲オキ驕薙ヤ繝シ繝ェ繝ウ繧ー+017_convert_20081208175409

元々は貧乏旅行の小遣い帳だったのだが、ツーリングの際、毎晩寝る前に記録として
大学ノートにつけていた日記。

期間:2008年8月24日(日)~9月4日(木)
使用バイク:ホンダトランザルプ400V


8月24日(日) 雨

自宅-高尾-あきる野IC-圏央道-鶴ヶ島JCT-関越道-北陸道-
新潟西IC-新潟港-新日本海フェリ-(新潟-小樽)

走行距離 381.1km

雨、やや肌寒い。10月下旬の気候だという。加えて、夜、高速道路、前日からの腰痛...初日から試練。
自宅を出てすぐに引き返す。ヘルメットのシールドが曇って視界が極度に閉ざされる。シールドの内側に台所用中性洗剤を塗って再出発。効果テキメン。しかし、次に待っていたのはザックの違和感。今回は林道走行を考慮し、リアキャリアにくくり付ける荷物の量を抑えザックで背負うカタチを加えたのだが、必要以上に肩に力が入り、いつもと違う感じがする。パッキングは走りながら臨機応変に調整していくものだということを改めて思い知る。
関越トンネルの手前、霧、真っ暗な山々が徐々に迫ってくる。正直怖い。前が見えない怖さ、暗闇の怖さ。ここは田中角栄の金権政治の象徴のような場所だが、そんなことを考える余裕もなかった。何度通ってもここは苦手だ。淡々と同じペースで走るトラックのテールランプを頼りに尾行し、こんな時はと松山千春を熱唱しつつ恐怖感を紛らわす。時間に余裕があれば日中に自宅を出るのが賢いのかもしれない。


-- 続きを読む --

category: 二輪

tb: 0   cm: 0

△top