漂々日記

Wandering Diary 

個展  

 

DM-1-1 (3)


今日から山梨県の赤沢宿清水屋で個展を行います。


赤沢は、山村・講中宿として、1993年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されて

います。


これから紅葉が見頃となる赤沢に是非お出かけください。




川田竜輔展 ー 登詣の途 ー


〇会場:赤沢宿の駅 清水屋 


           〒409-2733 


           山梨県南巨摩郡早川町赤沢193


        ☎0566-45-3232


〇会期:11月2日(木)~12月3日(日)


             9:00~16:00 ※水曜定休日








category: 美術

tb: --   cm: --

△top

継続すること 

 

日曜日、赤沢宿へ。心地良い新緑の中、ツーリングを兼ねて大学の先輩であるTさんの展示を観に行く。
制作一本で活動しているTさんに対し、私は「羨ましい」と言った。すると、「そうでもないんだよ」と穏やかに返された。他の人にも言われるらしい。「好きなことができていいよな」と。
「羨ましい」と軽々しく言ってしまったことを後悔した。確かに作家は、好きなことをしている。しかし、好きなことをするからには、相応のリスクや責任を背負っているのだ。
何か、鈍感になってしまっているような気がする。
管理人さんから「法華経信仰の霊場七面山」という本をお借りした。ここからイメージを膨らませて何点か作品をつくってみたいと思う。

category: 美術

tb: --   cm: --

△top

版画OB展2017  

 

今年も参加します。ご高覧いただければ幸いです。

category: 美術

tb: --   cm: --

△top

これから  

 

fc2blog_20161112230930176.jpg








fc2blog_20161112230919fc6.jpg








fc2blog_20161112230222036.jpg








fc2blog_201611122302333ca.jpg赤沢は今、そしてこれから紅葉が見頃と聞く。

少し時間が経ってしまったが、写真は作品搬入の日。他の出品者からも言われ、自分で言うのも何だが、自分の作品がここまで収まるとは。特に版画。出来ることならばずっとここに置かせてもらいたいと思うほど。清水屋さんには甚だご迷惑であろうが。
この搬入の日から頭をもたげること。

今のままで良いのか・・・

category: 美術

tb: --   cm: --

△top

早川町町制施行60周年記念芸術展  

 


 
旧作ばかりで恐縮ですが、出品します。ご高覧いただければ幸いです。

category: 美術

tb: --   cm: --

△top